コンビニ・ネットでも買えるムビチケ前売り券。スマートに座席を予約して映画館へGO!

僕は映画が大好きだ。

家のテレビで見る映画もいいけど、やはり映画館の巨大なスクリーンと迫力の音響の中で鑑賞する映画は格別のものがある。

ただ、映画館の料金は通常1回につき1,800円。

TOHOシネマズに至っては2019年の6月1日より、割引料金も含めて今までの料金から100円値上げすることを発表している。

つまり通常料金で鑑賞する場合は1,900円になるということ。

ここにパンフレットやらポップコーンやらが入ってくると、なかなか懐に厳しいことになる。

そこで多くの人は、1,400円程度で通常よりも安く購入できる前売り券を前もって購入しておくと思う。

一昔前ならコンビニで買った前売り券を劇場で当日券と引き換えるのが主流だったけど、誰しもがスマホを持っている今ならネットで事前に座席を予約するのが当たり前。

事実、TOHOシネマズなどの大手シネコンでは対面でのチケット販売カウンターは縮小傾向にある。

そんな今の時代に現れた座席指定ができる映画前売り券、ムビチケは本当に便利なチケットなので、映画好きの方はぜひこの記事を参考にしていただけたらと思う。

ムビチケの魅力

ネットで予約

Movieticket5従来の前売り券同様、通常料金よりも安く買えるというのも然ることながら、何よりの強みはインターネットで事前に座席予約ができること。

人気作品の場合、当日に映画館に行っても座席のほとんどが埋まってしまっている。

休日なんかはほぼ絶望的だ。

従来の前売り券ではインターネットで座席指定することはできず、劇場に直接出向いて当日に入場券と引き換えるか、座席予約をしたい場合には事前に劇場の窓口で予約しておくということが必要だった。

これは非常に手間がかかる。

しかし、ムビチケであれば映画館の予約ページで必要事項を打ち込むだけで簡単に座席予約できる。

ムビチケにはいくつか種類があるけど、基本的にメールないしチケットに記載された購入番号と指定の暗証番号を入力することで予約可能。

あとは予約当日に劇場の自動発券機でサッと情報を入力して、入場券を取ればOK。

Movieticket6

クレジットカード不要

ムビチケのもう一つの利点としてクレジットカードが必要ないというところが挙げられる。

通常ネットで映画館の座席予約をする場合はそこで精算も済まさなければならないので、クレジットカードが必要になる。

まだクレジットカードを持つことが出来ない高校生や中学生の場合、ネットで事前に予約するのが難しかったけど、ムビチケの登場によって、カードの裏面に記載された情報を入力するだけで座席の予約が可能になった。

ただし、ムビチケには3D上映やDolby Atmos上映などの料金は含まれておらず、こういったオプションがつく上映回で鑑賞する場合には別途支払う必要があるので、その場合はクレジットカードが必要になる。

3種類のムビチケ

オンライン券

Movieticket3

一番お手軽に買えて種類も豊富に揃っている。

電子チケットとは少し違うものの、ムビチケの購入番号がメールで届く。

公開前かつネットがつながる環境であれば、24時間いつでもどこでも購入できる上、ペーパーレスなので物が増えないし地球にも優しい。

Movieticket4

ムビチケの公式オンラインサイトでも買えるけど、Amazonでもムビチケオンライン券が販売されているので、すでにAmazonのアカウントを持っているのであれば、そちらで買ったほうが手っ取り早く済む。

カード型のムビチケを劇場で購入する場合は金券扱いになるのでクレジットカードが使えないけど、オンライン券の購入の場合はクレジット決済で購入できるのは地味にポイントだ。

ただし、買えるのはチケットだけで購入特典などはつかない。

カード型

Movieticket2

主に劇場で売られているタイプ。

鑑賞の記念にもなるので、個人的にこちらも捨てがたい。

取っておいたムビチケカードでアイキャッチ画像を取ってみたが、なかなか壮観だと思わないか?

カードの裏面に購入番号が書かれており、暗証番号はスクラッチで隠れている。

基本的に金券扱いになるのでクレジットカードは使えず、購入方法は現金または交通系ICカードでの決済などに限られる。

コンビニ券

最近ではコンビニ前売り券もムビチケが主流になってきた。

ただし、コンビニチェーンによって取扱いが異なるので、当然だけど種類は劇場販売に比べて劣る。

手っ取り早く買うのであれば、Amazonやムビチケ公式サイトのほうが確実。

もっとも、ポケモンの前売り券に代表されるように、劇場もしくは特定のコンビニでしか購入できないという前売り券も存在する。

注意点

かえって割高になるかも

TOHOシネマズのファーストデイやTOHOシネマズデイなどは鑑賞料金が1100円になるので、ムビチケを使うと逆に200円高くなってしまう。

それらの割引料金が適用されない日にしか行けないという場合にムビチケを利用するのがいいだろう。

対応劇場は要確認

TOHOシネマズやユナイテッド・シネマといった大手シネコンであればまず対応している。

しかし、少し古めの劇場になってくると座席指定は当日のみという劇場もあるので、購入の際は事前に確認すること。

ネット時代の前売り券

Movieticket1

日本の映画料金は諸外国と比較するとお世辞にも安いとは言えない。

しかし、自宅では到底味わうことができない体験に浸ることができるのが映画館だ。

多少懐が痛んでも、あの独特の雰囲気を味わえるなら、やはり僕は映画館にまた足を運んでしまう。

そんな僕にとって安く手に入って、ネット予約にも対応してくれるムビチケはとてもありがたい存在。

ここぞという超大作を観るとき、普段は少し躊躇してしまうIMAX上映やプレミアムボックスシートを利用する助けにもなってくれる。

ネット時代の新たな映画前売り券、ムビチケをあなたの映画ライフにもぜひ取り入れてみてほしい。

スポンサーリンク