コンビニ前売り券なんてもう誰も買いませんよね?前売り買うならムビチケ一択という話

どーも、Micoです。

私は映画が好きで今年は特に映画館に足を運ぶ機会が多くなりました。
でも、映画の料金って結構バカになりませんよね。

なので観たい映画がある場合は大抵の人が少しでも安い前売り券を買っておくと思います……が

ちょっと待っていただきたい!
本当にその前売り券でいいのか?

前売り券を買うならムビチケしかありえない。
今日はその理由についてお話しします。

座席指定できる

ネットで予約

普通の前売り券と同様に当日料金よりも最大400円安くなるのはもちろん、何よりの強みはインターネットで事前に座席予約が可能なことです。
今日日、当日に映画館の窓口でチケットなんか買えません。

特に話題作や休日の前日にはほとんどの座席が埋まってしまっているということもザラにあります。
これは皆、事前にインターネットで座席を予約してあるからです。

従来の前売り券ではインターネットで座席指定することはできず、劇場に直接出向いて当日に入場券と引き換えるか、座席予約をしたい場合には事前に劇場の窓口で予約しておくということが必要でした。

これは非常に手間がかかる。

しかし、ムビチケであれば映画館の予約サイトでムビチケに書かれている認証番号と暗証番号を打ち込みさえすれば簡単に座席予約ができます。

クレジットカード不要

そしてもう一つの利点としてはクレジットカードが必要ないという点。

通常、映画館のインターネット予約では座席だけ確保しておいてドタキャンされるという事態を防ぐために完全前払い制となっており、支払いにはクレジットカードが必須となります。

成人だったら大抵持っていると思いますが、これが中学生や高校生になるとそうもいかない。
大学生も作ってないって人は結構いるだろうし。

女の子と映画デートに行ったはいいけど、座席は全て埋まっていては入れませんなんていう事態になったら目も当てられない。
その点、ムビチケを使えば前以て座席を確保しておけるので、当日は自動発券機で入場券を出すだけでOK。

男性がきちんと座席を用意しておくだけでも、印象はぐっと良くなるでしょう。

ムビチケには3種類ある

オンライン券

今はこれが主流ですかね。
電子チケットとは少し違いますが、ムビチケの購入番号がメールで届きます。

公開前なら24時間いつでもどこでも購入できる上、ペーパーレスなので物が増えないし地球にも優しい。

このムビチケオンライン券ですが、ムビチケ公式サイトのほか、Amazonでも購入できます。
本当になんでも売ってるなあ。

カード型

主に劇場で売られているタイプですね。
最近はネットでの購入が多くて買っていませんが、鑑賞の記念にもなるので個人的には好きです。

コンビニ券

一応コンビニでも買えます。

映画館での販売やオンライン券に比べて品揃えが少ないのがネック。

注意点

追加料金に注意

先にクレジットカードがなくても予約できると書きましたが、3D上映やDOLBY ATOMOS上映になると話は違ってきます。
追加料金が発生した場合は、その不足分の支払いにクレジットカードが必要になります。

かえって割高になるかも

TOHOシネマズのファーストデイやTOHOシネマズデイなどは鑑賞料金が1100円になるので、ムビチケを使うと逆に300円高くなってしまいます。
利用する劇場のサービスやご自身の予定に合わせて購入されると良いでしょう。

対応劇場は要確認

まあTOHOシネマズやユナイテッド・シネマといった大手シネコンであればまず対応しているので、そこまで気にする必要はないと思いますが、少し古めの劇場になってくると座席指定は当日のみっていうところもありますので、購入の際は事前に確認を。

まとめ

いかがだったでしょうか。
私もほんの数年前までは劇場で直接入場券と引き換えていましたが、今思うと本当に馬鹿みたいですね(笑)

気軽に買えるし、使い方も本当に簡単なので本当にオススメです。
ネットでまとめて購入できるっていうのも助かる。

まだ使ったことないっていう人は是非一度使ってみてください!

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク