MacBook Pro 13インチ 90日間使用レポート!購入して本当によかった5つのポイント

どーも、Micoです!

MacBook Pro 2016の13インチモデルを購入してから3ヶ月が経過しました。

この記事を書いているのが2017年の6月6日で、ちょうどこの日の深夜に開催されたWWDC2017で新型のMacBook Proが発表されました。

新型と言ってもCPU、GPU、Touch Bar非搭載モデルに関してはメモリのクロック数が上がるという内部のアップグレードに止まり、重さや大きさ、筐体のデザインは全く同じ。

ディスプレイの解像度やキーボードの性能も変わっていないのでMacBook Pro 2017モデルの購入を検討されている方にも充分参考にしていただける記事だと思います。

買ってよかったポイント

13インチという絶妙な大きさ

さすがに12インチのMacBookには敵わないものの、MacBook Airとほとんど変わらない重さでMacBook Airよりも小さいというコンパクトさのおかげで持ち運びも苦になりません。

今まで使っていたWindowsの15インチだと持ち運ぶのはさすがに厳しく、家にこもってブログを書くしかなかったんですが、MacBook Proを購入してからは外に持ち出せるようになったおかげでカフェやファミレスでも作業ができるようになり、格段に作業が捗るようになりました。

購入当初は15インチからのサイズダウンは少し不安だったんですが、それは杞憂でした。

画面サイズは確かに小さくなったものの、画像編集や画面を分割しての記事の執筆なんかも問題なく行える。
サイズが小さくて軽い分、ベッドや座椅子に寝転がりながら作業することだってできる。

作業場所の制限が減ったというメリットの方が圧倒的に大きい。

それなら12インチのMacBookの方がいいんじゃないかという意見も出て来そうですが、以前記事でも書いた通り12インチでは少し小さいんです。

ブラウザを複数開いて記事を書くという私の使い方では13インチという画面の広さが絶妙にマッチしているんです。
画面を分割して記事を書く場合など、12インチでは狭苦しく感じてしまいますが、13インチではそれが気にならない。

慣れの問題もあるかもしれませんが、ある程度の画面サイズがあった方が作業が捗ることも確か。

驚異のバッテリーもち

外に持ち出すとなると気になるのがバッテリーの持続時間。
私は近場で作業する時や数時間の作業しか想定していない時は基本的に充電器は持って行きません。

まあ私の作業スタイルがWordPressでのブログ執筆やブラウジング、Skitchでの画像編集という比較的軽微なものだということもあるのでしょうが、寝る前にフル充電しておけば丸1日使い続けることもできます。

風呂ガソンというイベントに参加した時のことですが、お昼の12時から20時過ぎまでずっとブラウザを開きっぱなしだったにもかかわらず、イベント終了時点でバッテリーはまだ40パーセントも残っていました。

動画編集などの重たい作業を行う人だと話は違ってくるかもしれませんが、文章メインのブロガー的には充分すぎるバッテリー性能だと言えます。

起動が速い

これはMac全般に言えることかもしれませんが、とにかく起動が速い。

パソコンを使い終わった後もシャットダウンする必要はなく、使う時にパソコンを開けばスリープモードから瞬時に復帰してくれるのは本当に感動します。
以前使っていたパソコンだと、まあ経年劣化というのもあるんでしょうが起動までに1分近くかかっていました。

しかも起動してもシステム全体の立ち上げにも時間がかかり、さらにそこからブラウザを開かなければいけない。
すぐに作業したいのにいきなり出鼻を挫かれるカタチです。

Macはパソコンを開いたらすでにブラウザも開きっぱなしの状態なので、すぐに作業に入れる。
地味なポイントかもしれませんが、間違いなく作業の効率化に繋がっています。

サクサク動く

まあトータルで20万円近くも出したのでサクサク動いてくれないと困るんですが(笑)

私は記事を執筆する時はブラウザを複数開いたり、資料としてYouTubeの動画を見ながらやることもあるんですが、これだけウィンドウを開きまくっても動作がもたついたことは一度もありません。

私が購入したのはなんのカスタマイズもしていないTouch Barなしの標準モデルですが、やはりProという名前を冠するだけのパワーは持っています。
こういうスペック面を考慮すると12インチのMacBookよりMacBook Proを選んでおいた方が後悔は少ないはず。

マウスいらずのトラックパッド

MacBook Proを買ってから一番感動したのがこのトラックパッド。
私、MacBook Proを使っている時は一切マウスを使用しておりません。

2016年末にブロガー大忘年会でバッファローのマウスをいただいたので新しいパソコンを買ったら開けようと思っていたんですが、結局今も開封せず。
バッファローさん、すみません。

でも、マウスなんか使う必要がないくらいこのトラックパッドの使い勝手がいい。
今はWindowsのパソコンでも2本の指でスクロールするくらいの機能は付いていますが、やはり本家のトラックパッドは違う。

直感的に仮想デスクトップを作成できたり、開いてるウィンドウを一瞬で全て表示できたりと本当に便利。
今や私にとってはなくてはならない機能で、たまに別のパソコンを触った時に別のデスクトップに移動できなかったりするとすごい違和感を覚えます。

しかもこのトラックパッドはMacBook Pro 2016モデルから大きくなってますます使いやすくなっています。
この大きさと機能性は本当に素晴らしい。

まとめ

以上がMacBook Proを購入してよかったポイントです。

Macはデザインだけだとか色々言っている人もいますが、これは実際に使ってみないことにはなんとも言えないこと。
実際に3ヶ月ほぼ毎日使い込んでみれば、多くのブロガーやクリエイターに選ばれている理由がわかります。

今はちょうどグレードアップしたMacBook Pro 2017が発売されたばかりなので、まさに今が買い時でしょう。
Macを検討されている方はぜひこの機会に!

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク