新型MacBook Proって実際どうなの?みんなが気になる4つのポイントについてお答えします

どーも、Micoです!

去る2017年6月5日に行われた情報でMacBook Pro 2017が発表されました。
現在私はそのアップグレード前のMacBook Pro 2016 13インチのTouch Barなしモデルを使用しています。

そこで今回は私がMacBook Proを3ヶ月間実際に使い込んだ経験を元に、新しく新型MacBook Proを購入する人が気になるであろうポイントを私の主観でまとめて勝手に解説していこうと思います。

みんなが気になっているポイント

外部接続

MacBook Pro 2016からは既存のUSB端子やSDカードスロットが全て廃止され、外部への接続はUSB-Cポートのみとなりました。

正直、これについては私は何も困っておりません。

画像を取り込みたい時はDropBoxなどのクラウドストレージを経由すればいい話。

デジタル一眼を使ってる方にとってはSDカードを挿せないのは多少不便かもしれませんが、最近のカメラにはWi-Fiによる転送機能がついているのでそれを使えばスマホからDropBoxに送ってMacと共有できます。

もちろんUSB-Cに関しては純正品、サードパーティ製を含めてアクセサリーもだいぶ出揃ってきているので、それらを購入するのもアリでしょう。
ただ、私は現状そう言った周辺機器を購入しなくても充分運用できています。

キーボード

この世代からMacBook Proには第2世代バタフライキーボードというものが採用されました。(第1世代は12インチMacBook)

最初にこのキーボードを見た時の印象はとにかく薄い!
こんなに薄くて大丈夫かと思っていたんですが、打鍵感は意外としっかりしている。

とにかく軽い力で入力できるので指が疲れず、入力スピードも向上したように感じます。
たまに昔のNECのパソコンを触ると、キーの厚みと思いの外入力に力を入れていたことがわかってビックリ。

私はMacBook Pro 2016が最初のMacなので他の世代のキーボードとは比較のしようがないんですが、このキーボードで3ヶ月間ブログを書いてきた経験から言わせてもらえば、出っ張りのない薄いデザインなのにキーをしっかり入力している感覚があり、それでいてキーを軽く叩く程度で入力できる優秀なキーボードと言った感じです。

大きくなったトラックパッド

私は元のトラックパッドをあまり知りませんが、今となってはこれより小さいトラックパッドなんて考えられません。
5本の指が丸々収まってしまう大きさのおかげで、トラックパッドで行えるあらゆる動作がやりやすくなっていると感じます。

トラックパッドが大きくなったせいでキーボードなどの他の操作性が失われてしまったなんてこともありません。

リンゴが光らない

どうでもいい人にはどうでもいいことですが、これも一応。

旧来のMacBookユーザーの中にはAppleのロゴが光らなくなったことを残念がる方もいるそうですが、私個人の印象としては鏡面デザインのロゴの方がスタイリッシュでカッコいい。

おそらく後数年もすれば、カフェで使われているMacもロゴが光っていないのが当たり前になるでしょう。

まとめ

MacBook Pro2015から2016に変わった時に多くの人が気になったであろうポイントを私なりにまとめてみました。
私も買う前までは結構不安だったんですが、実際に使ってみるとそうでもなかった。

やはりこういうのは実際に触ってみないとわかりませんからね。

新しくMacBook Proの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク