今までスマホを持ったことがない私が今年、iPhoneの購入を検討している理由

どーも、Micoです。

私は今までスマホを持ったことがなく、ずっとガラケーとタブレットの二台持ちでやってきました。

しかし、今年こそはいい加減スマホも持とうかなと検討しています。

なぜスマホが必要なのか

ブログの確認

ブログにしろYouTubeにしろ、今はパソコンよりもスマホからのアクセスが圧倒的に多いんです。

もちろんタブレットでも自分のブログくらい確認できますが、やはり画面の大きさと言う違いがあるのでスマホと全く同じ見え方を表示することはできません。

先日このブログではWordpressのテーマを変更したんですが、その際にスマホ用に設定したウィジェットがタブレットで表示されないと言う不具合がありました。

キャッシュを削除したり、プラグインを全部停止させたりと色々やったんですが結局改善しませんでした。

そこで家電量販店に置かれているiPhoneで自分のブログを見てみることにしたんですが、そこではきちんとスマホ用のウィジェットが表示されていました。

タブレット端末の表示の問題かキャッシュの問題かは不明ですが、やはり自分のサイトがスマホでどう見えているかを知るためにもスマホは持っておくべきだと感じました。

使い分けたい

私は今Dropboxのアカウントを二つに分けてプライベートの写真とブログ用の写真を分けています。
これだとアカウントの切り替えとかが少し面倒。

他にもこの先lineを使うようになった時とか、別に裏で変なことしてるわけじゃないけどプライベートのことをブログ用のアカウントに誤爆してしまうのも怖い。

用途に応じた使い分けと言う意味でももう1台デバイスが欲しいと思っています。

ガラケー時代と違って今はMVNOがあるので月の維持費も安く済む。
まあ端末代は高いですがね。

ガラケーを捨てたい

ガラケーとタブレットの二台持ちをしている理由の一つが通話性能のよさなんですけど、皆さんはぶっちゃけプライベートで電話なんて使ってますか?

自分はもうほとんど使っていません。
せいぜい母からたまにかかってくるか、美容室をの予約時間の遅れそうな時にお詫びの連絡をするくらいです。

あとはもう電話に出ることすらしてません。

Amazonなんかの問い合わせでも今はチャットがあるし、正直電話の必要性がだいぶ低くなっています。

これだったら、MVNOにひとまとめにしてしまった方がいいのではないかと最近思っています。

なぜiPhoneなのか

みんな持ってるから

なんで高い金出してiPhoneが欲しいかと言うとみんな持ってるからです。

昔の私だったら人と同じものなんてごめんでしたが、今はこれが必要です。

と言うのも日本人のiPhone保有率は世界でもトップクラス。
スマートフォン全体のシェアで見てもiPhoneがトップです。

多くの人がiPhoneを使っているのであれば、やはりその端末での見え方を一番に知りたい。

また、アプリなんかの使用方法を書くにしても、シェアナンバーワンのiPhoneのことを書けないのはブロガーとして痛いところ。

それに何か問題が起こってもiPhoneはみんな持っているので、質問しやすいと言うのもある。

すでにAndroidは持ってる

私はすでにXperia Z3 Tabletと言うAndroidタブレットを持っています。

なのでスマホもAndroidにするのは勿体無い。
自分が使ったことのないものに積極的に触れた方がネタにもなります。

以前にMacBook Proの記事を書いた時にも話しましたがAndroidとiOSの両方について知らなければどちらがいいと言うことも言えないので。

SIMフリーでもFeliCaがある

Xperiaなんかがそうなんですが、キャリアで発売されるものにはおサイフケータイの機能がついているけど、海外から輸入したSIMフリー版にはついていないと言うことが結構あります。

その点iPhoneならSIMフリー版でもFeliCaがついているのでガラケーがなくなってもモバイルSuicaが使える。
これは個人的に大きな魅力です。

しかもTouch IDがついてる分、他よりも安全。
これは8(7s)が出ても変わらないでしょう。

まとめ

2017年はiPhone10周年と言うこともあり、今年発売のiPhoneにはAppleも力を入れてくるはず。
ガジェット好きとしては見逃せないアイテムです。

iPhone7もかなり魅力的なので飛びつきたいところですが、ここはもう少し我慢したいと思います。
お金も貯めないといけないですからね。

みなさんは今年どうします?

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク