俺氏、六本木ヒルズで最高のとんかつ屋に出会うも肝心の写真を撮り忘れる。豚組食堂に行ってきた

どーも、Micoです。

先日、マーベル展のスペシャルプレビューのために六本木ヒルズに行ってきたんですが、開場まで結構時間があったんですよ。

最初はこの前行ったAFURIでラーメンでも食べようかなと思ったんですが、そのお隣にとんかつ屋さんを発見しました。

しっかりとしたご飯ものが食べたいと思ったこともあって思い切って入ってみたんですが、今まで私が入ってきたとんかつ屋さんとは一風変わったお店でしたのでご紹介したいと思います。

なお、かなりお腹が空いていたので肝心のご飯の写真を撮るのを忘れましたorz

できる限り、文章でお伝えできるよう頑張りますのでお付き合いください。

食べ方3原則

まあ守らないと頑固一徹な店主から怒られるとかそういうのはないんですが、これを守って食べた方が美味しくいただけることは確実です。

かつは横向き

とんかつの断面を上になるように横に倒していただきます。

ソースは小皿に

これがなかなか変わっているなと。
普通とんかつを食べるときって、とんかつに直接ソースをかけちゃうと思うんですが、このお店ではまずソースを小皿に垂らしておいて、お刺身をお醤油につけて食べるように、とんかつをソースにディップしていただくスタイルです。

これだと、ソースをかけすぎてソースの味が先に来るという事態を避ける事ができるので理にかなってる。

初めは塩から

霧吹きで醤油をかけていただくというお店に入ったこともありますが、ここで用意されていたのがまさかの

このお店ではまず何もつけずに食す事が推奨されていますが、本当に何もつけなくても味付けがしっかりしてるし、何より豚肉自身のジューシーさだけで充分ご飯が進むレベル。

そして、次に推奨されているのが塩。
これがまた美味しいんです。
この塩というのが、ご家庭に普通にあるような白い塩ではなくピンクソルト

お店に置かれていた冊子を見るに、おそらくアンデスの岩塩だと思われます。

メニュー

使用されている豚さん

とんかつに使われる豚さんのグレードにはスタンダード銘柄とプレミアム銘柄があり、ブランド銘柄は日によって変わります。
お店の前にイーゼルがあったと思いますが、多分そこにその日使われている豚さんの銘柄が書かれているはずです。

スタンダード銘柄豚の一例としては沖縄県の琉香豚、千葉県の椿ポーク、千葉県のいも豚。
プレミアム銘柄豚は鹿児島県の純粋黒豚、三重県の松阪ポーク、岩手県の白金豚、岐阜県の納豆喰豚が挙げられます。

お昼のメニュー

ここで選択できるのはスタンダード銘柄豚のみ。
お値段は夜のスタンダード銘柄豚のメニューに比べて300円ほどお安くなっています。

ロースかつランチとフィレかつランチから選ぶ事ができ、お値段はこんな感じ(記事執筆時点)

ロースかつランチ

  • 110g 1,000円
  • 165g 1,450円
  • 220g 1,850円

フィレかつランチ

  • 110g 1,200円
  • 165g 1,650円

夜のメニュー

私が行ったのが夜の7時前くらいだったのでこちら。
今回は初回かつ、次の予定が控えていたこともあって一番安いスタンダード銘柄豚ロースかつ膳の110gをいただきましたが、これでも私が今まで食べて来たとんかつのどれよりも美味しかったです。

前述した通り、味もしっかりしていたのでご飯も2杯いただいてしまいました。
ただ、もう少し時間的な余裕があれば165gいってもよかったかなあとも思いました。

やはり男性だと110gでは少し物足りなさを覚えるかもしれません。

一応お値段も載せておきます。(記事執筆時点)

スタンダード銘柄豚

ロースかつ膳
  • 110g 1,300円
  • 165g 1,750円
  • 220g 2,150円
フィレかつ膳
  • 110g 1,500円
  • 165g 1,950円

プレミアム銘柄豚

ロースかつ膳
  • 110g 1,980円
  • 165g 2,480円
  • 220g 2,980円
フィレかつ膳
  • 110g 2,180円
  • 165g 2,680円

お店の様子

調理の様子が見える

これはこの間行ったAFURIと一緒ですね。
カウンター席からは職人さんたちが実際に調理している様子が見えます。

とんかつを揚げる油の跳ねる音やかつを切る時のザクッ、ザクッという音がさらに食欲をそそること請け合いです。

テーブル席あり

奥の方には複数客用のテーブル席もあるので家族連れや仲間との集まりの時でも安心です。
ちなみに座席にはアイキャッチ画像に載せた冊子が置かれており、お店のメニューやこだわりについて色々書かれていてなかなか興味深いです。

待っている間にスマホもいいですけど、初めて来た人は目を通してみるといいでしょう。

ガジェット好きは思わず目を引く

これは本当、どうでもいい人にはどうでもいい情報なんですが、このお店では注文を取るときによくファミレスで見かけるような専用の端末ではなく、iPod touchを使用しています。

レジにはiMacがあり、他にもiPadで何かの管理業務を行なっていたようで、飲食業界ではもう常識なのか、あるいはこのお店が先進的なのかはわかりませんが、こんなところにもApple製品が使われているのかと感動しました。

店舗情報

住所や連絡先など

  • 所在地
    〒106-0032 東京都港区六本木6-2-31
    六本木ヒルズノースタワーB1


  • 電話番号
    03-3408-6751

  • 営業時間
    午前11:00〜午後23:00(LO 22:30)

行き方

場所はAFURIのお隣なので、東京メトロ日比谷線の六本木駅の1c出口を出て、地上に上がるエスカレーターには乗らずにそのまま左に行くとノースタワーへの入り口があるのでそのまま直進。

通路左側に豚組食堂さんがあると思います。

まとめ

お値段はとてもリーズナブルで味も申し分ない。
美味しいとんかつ屋さんをお探しなら、迷わずここがオススメだと断言できます!

とんかつの写真を足らずにそのまま食べてしまったことに関しては、やはりブロガーとしてまだまだだなと猛省。
前回も同じ失敗をしてるけど、今回に関しては店を出た後に気づくという……。

そしてそろそろ六本木ヒルズ以外のところ行かないとねえ(笑)
六本木ヒルズって映画館もあるし展覧会も開催されるから、どうしても行く頻度が多くなりがち。

たまには違う映画館にも行ってみようかなと思う今日この頃です。

それではここまで読んでいただいてありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク