見かけ以上のコスパを誇るポイント還元!私のメインカード、エポスゴールドカードをご紹介!

クレジットカード

どーも、Micoです。
先日は若い人にこそクレジットカードを作って欲しいという記事を書きましたが、そんな私が使っているカードというのがエポスゴールドカードです。

このカードは年会費無料ながら使い勝手がかなりよく、かなり気に入っています。
今回は私がエポスゴールドカードを優れていると思う理由と実際の使い方についてご紹介したいと思います。

まずはエポスカードから

以前書いた記事でもお話した通り、エポスゴールドカードが欲しいならまずはインビテーションを狙ってください。

審査が厳しい

厳しいと言ってもエポスカードに比べたらの話ですが、初めてクレジットカードを申し込むような人だと落とされてしまう可能性があります。
1回クレジットカードの審査に落とされた場合、短期間の間に次のカードを申し込もうと思っても前回審査に落ちた記録がまだ残っていますので、すぐに落とされてしまいます。

次のカードを申し込むまで、ある程度の期間を開けなければならないため、いきなり審査の厳しいカードに申し込むのはオススメできません。

年会費がかかってしまう

エポスゴールドカードに直接申し込んだ場合、仮に審査に通ったとしても年会費が5,000円かかってしまいます。

年間利用額が50万円を越えれば年会費は翌年から永年無料になるのですが、それでも初年度に5,000円取られてしまうことは避けられません。

インビテーションなら年会無料!

しかし、インビテーションをもらってエポスカードからグレードアップする場合は切り替えた初年度も含めて年会費は一切かかりません。

エポスゴールドの魅力は圧倒的なコスパのよさです。
初年度だけとはいえ、年会費がかかってしまうというのはこのカードの魅力を半減させてしまいます。

まずは焦らずにエポスカードから入るのがベターです。

圧倒的なポイント還元

普通に還元率を見るだけならノーマルのエポスカードと変わらず、200円の買い物につき1ポイントとかなり低めな還元率ですが、エポスゴールドカードにはエポスカードにはない様々なポイントアップシステムがあります。

選べるポイントアップショップ

これはエポスゴールド・プラチナ会員限定のサービスで、エポスカードの会員サイトに自分がよく利用するショップを3つまで登録しておくことができ、登録したショップでカードを利用するとポイント還元率が最大3倍となります。

通常のお買い物 登録ショップ
1回払い 200円につき1P 200円につき3P(3倍)
(1P+2ボーナスP)
リボ払い
(分割払い3回以上)
200円につき2P 200円につき4P(2倍)
(2P+2ボーナスP)

一応リボ払いの還元率も記載しましたが、正直リボ払いというのはオススメできるものではありません。
これについて書いてしまうと本筋から逸れてしまうので、ここでは割愛しますが、とにかく悪いことは言わないので手を出さないでください。

おすすめのショップ

登録できるショップの種類もなかなか豊富で、セブンイレブンなどの大手コンビニ、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店、さらには東電や東京ガスなどの公共料金の支払いまで幅広く対応しており、この記事ではとても書ききれないくらいのラインナップが用意されています。

そんな中で私がおすすめするショップはおもに3パターン。

固定費の支払い

電気代や通信費、定期券の支払いなど、毎月ある程度まとまった額が支出されるものはクレジット払いにしておくのが吉です。
だってどうせ払わないといけないんだから。

普段利用している電気会社や通信会社をポイントアップショップに登録しておけば、通常よりも多くのポイントが毎月還ってきます。
これはなかなかバカにできませんよ。

1回の利用額が大きい家電量販店やディスカウントストア

家電などの大きな買い物や生活必需品のまとめ買いは1回に使う金額も大きくなります。
使用金額が高く、なおかつ利用頻度が高いお店を登録しておけばポイントの増収に繋がります。

私ごとですが、現在このブログを書くために使用しているMacBook Proはヨドバシカメラで購入しましたが、前日にポイントアップショップにヨドバシカメラを登録しておくことで、ヨドバシのゴールドポイントも含めてガッツリポイントをいただきました。

モバイルSuica

個人的にこれがもっともオススメです。
モバイルSuicaにチャージするのであればビューカードが一番お得なのですが、すでにエポスゴールドカードを持っているのであれば、カードを1枚増やすよりはコレ1枚にまとめた方がいいと思います。

ビューカードを使わないのであればモバイルスイカ年会費は税込み1030円ほどかかってしまいますが、月1万円ほどの利用があれば簡単にペイ出来てしまいます。

電子マネーにチャージして使うならEdyという選択肢もありますが、残念ながらEdyは「選べるポイントアップショップ」のラインナップの中にはなく還元率で考えればモバイルSuicaのほうが上です。

モバイルスイカには他にもさまざまなメリットがありますので、また別の記事でも紹介したいと思います。

ポイントの有効期限がない

通常のエポスカードの場合はポイントの有効期限が2年間と決められており、大切に貯めていたのはよかったけど気付いたら失効していて使いどころを逃してしまったなんてこともあり得ましたが、エポスゴールドカードの場合はポイントに有効期限はなく、エポス会員資格を失効しない限りは永久不滅ポイントとしてポイントを保持出来ます。

なので、じっくり大量のポイントを貯めてから高額な商品をポイントで買うという使い方も可能になります。

利用額に応じてボーナスポイントがもらえる

年間利用額合計 50万円以上 100万円以上
ボーナスポイント 2500P 10000P

上記の表の通り、年間の利用金額の合計に応じてボーナスポイントが付与されるサービスがあります。

もちろん無理して使う必要はありませんが、年間利用金額が仮にジャスト100万円だった場合は通常の0.5%の還元率と合わせて15000Pのポイントバック、つまり最低でも還元率1.5%のクレジットカードになりますし「選べるポイントアップショップ」なども併せて利用すれば、さらなるポイント還元を得ることが可能です。

100万円なんてかなりの金額のように思われるかもしれませんが、日常の支出をまとめて支払っていると軽く到達してしまう額です。

逆に言えば、100万円を超えてしまう利用になると少し還元率の旨味が減ってしまうので、そこはサブのクレジットカードを併用するなり、前述した「ポイントアップショップ」や「たまるマーケット」をうまく使っていくことが必要です。

ポイントの使い道

さて、どれだけポイント還元率が高かろうと、使えなければ意味がない。

エポスポイントは全国のマルイでのお買い物で500P以上1P単位でショッピング割引に使えるほか以下のギフトカードにも交換可能です。

以下は1000エポスポイントで1000円分として交換できるものの一例です。

  • iTunesカード
  • マルイの商品券
  • VJAギフトカード(全国共通ギフト券)
  • クオカード

上記の金券の他にもdポイントなどの他社ポイントに移行できるほか、最近ではエポスカードのプリペイド版も登場しました。

保有しているエポスポイントをチャージに使用することができ、Visaカード加盟店であればほとんどのお店で使用することができます。
また、ネット通販利用分をポイントで割り引きすることもできたりと柔軟な使い方が可能であるところもエポスカードの魅力です。

まとめ

とりあえず今日のところはここまで。
そのほかのメリットについてはまた後日、記事にして上げたいと思います。

クレジットカード選びにお悩みの方はぜひ、エポスカードからインビテーションを狙ってみてはいかがでしょうか?

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

クレジットカード