現役コンビニ店員が時間帯ごとの仕事を解説!【朝勤編】

どーも、Micoです。

私もコンビニバイトを続けて数年が経ちますが、入った当初は色々と思っていたのと違うなということがありました。

コンビニは基本的に24時間営業のところがほとんどで、それぞれの時間帯によって仕事が変わってきます。
今回からその時間帯ごとの仕事について解説していきたいと思っています。

今回は朝勤編です!

通勤・通学ラッシュ

時間帯としてはだいたい6時〜9時の時間帯で、ちょうど夜勤との交代の時間に当たります。
学生さんや主婦などは、この3時間だけ働くという方も結構います。

住宅街にしろオフィス街にしろ、この時間帯は通勤や通学の時間帯に重なるので平日は多くのお客さんが来ます。
逆に休日はほとんどお客さんが来なくなるので非常に穏やか。

主な客層

私が勤めている店舗やオフィスと住宅街の中間的な場所に位置しているので、この時間帯はサラリーマンや学生の方が多いです。

皆さん急いでいるので、他の時間帯以上にテキパキとした対応が求められます。
また、通勤のストレスなのかイライラしている方も結構いるので注意。

売れる商品

コンビニコーヒーブームが話題の昨今、当店でもその例に漏れずコーヒーが売れます。

またお弁当、おにぎり、サンドウィッチ、パン、飲料などもよく売れます。
ただ、時間帯的にすぐに食べる人は少ないので電子レンジでの温め頻度は少なく、大量買いもないので袋詰めの手間はそこまでかかりません。

その分客の量は多いけど。

主なお仕事

レジ接客

レジでの接客というのはどの時間帯も共通していることですが、先にも書いた通り来店する客の人数が多いので平日の通勤時間帯はレジに釘付けになってしまうことが多いです。

特にコンビニコーヒーの注文も多くなるのでレジは慌ただしくなります。

コンビニスナック作成

コンビニによって扱ってるもの違いはあれど、ファミマならファミチキ、ローソンならからあげクンというようなコンビニスナックはこの時間帯にある程度まとまった数を作成します。

最近ではお店でお惣菜とか作っている店舗もあるので、そういうお店は大変かも。

売り場のメンテナンス

ある程度客足が落ち着いてきたからと言って一休みする時間はありません。

次は商品が売れた後のボコボコになってしまった売り場を直す作業が待っています。
まあメンテナンスと言っても、後ろに下がっている商品を棚の最前列に持ってくるというもので、これを「前進立体陳列」略して前陳と呼びます。

作業自体はシンプルですが、これをやるのとやらないのとでは売り上げに結構な差が出て来ますので重要な作業です。

お給料

店舗にもよりますが、私が働いているところでは早朝手当がついて時給が50円程度上がります。

早起きは三文の得と言いますが、朝型という健康的な方は早朝手当があるところを探して働くのもいいでしょう。
微妙な数字ですが、何もないよりはモチベーションも少しは上がるはず。

まとめ

平日はお客さんが多くて少し大変ですが、休日は打って変わって暇なので学生さんのバイトにオススメです。
朝早くにバイトを入れておけば早起きするという目的にもなりますからね。

ただし、休みでも学校が近くにある場合はご注意。
資格試験などはだいたい日曜日に行われることが多いので、そういう時は平日同様のラッシュがあります。

以上、朝の時間帯についてご紹介でした!

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク