現役コンビニ店員が時間帯ごとの仕事を解説!【夕勤編】

どーも、Micoです。

コンビニの時間帯別業務解説シリーズもついに後半戦。
本日は多くの学生さんが入るであろう夕勤時間帯の業務について解説します。

帰宅ラッシュ

だいたい17時〜23時くらいの時間を夕勤帯と言います。

オフィス街や住宅街の場合は18時過ぎ〜20時くらいにかけて、繁華街が近い場合は22時過ぎ〜終電終わりまで混む傾向にあります。

と言っても昼のピークに比べればそんなに大したことはありません。

主な客層

会社帰りのサラリーマンやOL、夕食どきなのでスーパーで買い忘れた食材や調味料を買いに来る主婦、近くに学校がある場合は学生と客層は幅広い傾向にあります。

大半のお客さんがすでに仕事を終えた後なので多少お疲れではあるものの、朝ラッシュ時よりはイライラする要素も少ないため、比較的穏やかだと思います。

売れる商品

この時間帯は夕食どきなのでお弁当やお惣菜がよく売れる他、お野菜や卵、調味料、翌日の朝食用と思われるパンや牛乳もよく売れます。

私が働いている店舗ではこの時間は大量買いも多いので袋詰めの作業が少し大変です。

主なお仕事

レジ接客

ピークは18時〜20時なのでそれを過ぎれば客足は減る傾向にある……と言いたいところですが、週末など日によっては終電終わりまでだらだらと客が途切れないということが結構あります。

品出し

この時間帯はこの後の夜勤に引き継ぐための時間帯でもあります。
納品などがない分、日勤帯ではおろそかになりがちだっお菓子やソフトドリンク、タバコの補充をしっかりやります。

ここで手を抜くとこの後大量の納品を捌く夜勤さんが大変な思いをします。

清掃

店舗によってはイートインを併設している店舗があります。
イートインはだいたい21時〜22時くらいに閉めて、そこから椅子やテーブル、床の掃除を行います。

1日人が引っ切り無しに出入りするイートインはかなり汚れていますので、念入りな掃除が必要。
その他、床の埃や汚れをダスタークロスでふき取ったり、簡単なトイレ掃除行ったりもします。

お給料

この時間帯も日勤帯と同様、手当がつくことはあまりありません。
ただし、22時以降は夜勤帯に当たるため、法律で必ず25パーセントの割り増し賃金にしなければならないので1時間だけではありますが時給が上がります。

まとめ

朝がどうしても苦手という人や学校終わりの学生さんのシフトに最適です。

納品もまずなく、覚える仕事も少ないので初心者にもオススメできる。

ただし、付近で花火大会などのイベントがあったりすると一番割りを食う時間帯でもあるので注意!

以上、夕勤の業務解説でした!

映画、ガジェットが大好きな20代のブロガーです! 日々の人生を豊かにしてくれるモノ・コトを発信していきます。 私の人生のノートが少しでも皆さまのお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク