TOHOシネマズのシネマイレージカードのサービス変更が2018年10月15日に迫っている。

このことは昨年からアナウンスされており、今更我々が騒いだところでどうにもならないことではあるが、特に鑑賞ポイントに関して大きく変わってしまう。

3つの変更点

Toho cinemileage20181015

鑑賞ポイントに有効期限が設けられる

TOHOシネマズの一番のウリが映画を有料で6回観ると1本無料で観られるという点だった。

これからもその点に関しては基本的に変わらないものの、その鑑賞ポイントに獲得日から2年間の有効期限が付くというのが大きな変更点の1つ目だ。

今までは映画の鑑賞時間に応じて貯まるシネマイレージには有効期限があったが、鑑賞ポイントには特に有効期限は設けられていなかったため、いつ使っても良かったし、映画を観る期間がどれだけ空こうと鑑賞ポイントは貯められた。

私のように頻繁に映画を観ているのであればまだいいが、人によっては年に数回映画館に足を運ぶかどうかという人も多いだろう。

そういう人にとっては、やっと6回映画を観たと思ったら既に1回目の鑑賞ポイントが失効していたなんてことが起こるのである。

ちなみに2018年10月15日以前までに獲得したポイントについては一律で2020年10月14日が有効期限となる。

無料鑑賞が利用可能な座席数に上限が設けられる

これが最も大きな変更かもしれない。

これまでは極端な話、観客全員が6ポイント鑑賞を利用したとしても問題はなかったが、これからは1回の上映で利用できる無料鑑賞の座席数に上限が設けられてしまう。

これは6ポイント鑑賞と1ヶ月フリーパスポートの利用が対象となる他、「TCチケット 特別入場券」と書かれたチケットも上限設定の対象になる。

なお、現在のところ上限数に関してTOHOシネマズは公表していない。

TOHOシネマズの回答は次の通り。

Q. 6ポイント鑑賞、1ヶ月フリーパスポートのご利用可能座席数に上限を設けるとありますが、その理由は何ですか?
A. 有料でご鑑賞されるお客様のお座席を一定の割合でご提供できるよう、6ポイント鑑賞や1ヶ月フリーパスポートをご利用のお客様が一部の上映回に偏ることが無いように、これまでの6ポイント鑑賞や1ヶ月フリーパスポートのご利用状況を踏まえ、ご利用可能座席数に上限を設けることといたしました。

Q.6ポイント鑑賞、1ヶ月フリーパスポートの利用可能座席数の上限の設定条件、席数を教えてください。
A. ご利用可能座席数の上限設定に関する詳細、及び座席数についてはご回答をいたしかねます。

Q.6ポイント鑑賞、1ヶ月フリーパスポートのご利用可能座席数の上限が、劇場によって異なることもあるのでしょうか?
A. スクリーンの座席数により、上限は異なります。

TOHOシネマズ公式サイトより引用

始まってみないことにはどれくらいの影響があるかはわからないが、公表されていない以上はTOHOシネマズ側はいつでも上限設定を予告なく恣意的に変更できるということになる。

穿った見方をすれば、アベンジャーズやスター・ウォーズシリーズといったビッグタイトルでは極端に無料鑑賞枠を減らして有料鑑賞での収益を上げるというやり方だってできる。

もちろん向こうも商売なので利益を追求しなくてはならないということは理解できるが、我々はいつでも映画館に行けるわけではない。

日々仕事や用事があるのはもちろんのこと、映画館で観たいと思える作品が常に上映しているとも限らない。

たまに映画館に行こうと思った時、せっかく貯まっていたポイントが使用できないというのはあんまりではないか。

これから鑑賞ポイントの利便性がどうなっていくかわからない以上は、夏休みの期間などを利用してできるだけサービス変更開始までにポイントを使い切っておくことをオススメする。

会員は3時間早く予約可能

通常、TOHOシネマズのインターネット予約は2日前の午前0時から予約が可能だが、サービス変更後はシネマイレージ会員は非会員よりも3時間早く座席を予約できる。

地味に嬉しい変更だが、前2つの変更点が衝撃的でショボく感じてしまうのは私だけではないだろう。

これも穿った見方だが、おそらく上限設定を設けた関係でせっかく貯めたポイントを使うことができないという不満に対する申し訳程度の措置だと私は考えている。

つまりは、

「会員は3時間早く予約出来るようにしてやるから、特典使いたかったら早めにやっとけや。な?」

ってことだろう。

思うこと

有料鑑賞の観客の座席を一定数確保するためという回答があるが、よく考えるとおかしな話だと思う。

鑑賞ポイントに2年の有効期限を設けたということは6ポイント鑑賞する客は、少なくとも2年間の内に6回は有料で来場している計算になるわけだ。

すべて前売り券を購入していたとしても1回1400円×6回で8400円を劇場に落としていることになるし、パンフレットやグッズの購入、ポップコーンなどの飲食での消費を考えれば意外と馬鹿にできない経済効果をもたらしているはず。

素人意見ではあるが、今回のサービス変更はこういったリピーターの消費意欲を削ぎかねない変更ではないかと思っている。

ただ一方で、シネマイレージカードは作られてから15年以上もの間、何の変更もなく変わらないサービスを提供し続けてくれており、今回がはじめての変更だ。

流石に今のままにはしておけない部分も出てきたのかもしれない。

これから我々ユーザーの利便性がどうなっていくか、一TOHOシネマズユーザーとして注視していきたいと思う。

スポンサーリンク